お彼岸の話

秋のお彼岸を9/20に迎え9/26に明けます。秋分の日は、昼と夜の長さがほとんど同じになり、太陽が真東から登って真西に沈むという事から、仏教ではあの世とこの世が最も近くなる日とされているようです。ちなみに彼岸は極楽浄土をわける三途の川の向こう側(極楽浄土側)を言い、現実世界は此岸(シガン)と言われています。付け加えて言うと真田幸村が家紋にしている六文銭は三途の川の渡し賃(死んでも悔いはない意)をあしらったものと言われています。説明が過ぎましたが何故こんな話をする気になったかというと、

野に咲くところを発見しました。

百科事典から飛び出したように咲いていたので写メしました。明日には近所の方に所有権が移ると思われます。こんな原風景を辿る旅も良いかなと投稿しました。郡上の秋は短いのでサイクリングもお早目に。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

館内でFree WiFi Spotがご利用頂けます

せせらぎ街道の宿 たかお に関する
お問い合わせはお気軽に下記まで